Charity

◆東日本大震災・津波遺児チャリティー【tovo】
青森を拠点に、震災チャリティーグッズ販売・フリーペーパー配布などの活動をされています。
RaynaのLIVEにてグッズ販売・フリーペーパーの配布を行っております。

tovo/トヴォ™

【tovo/トヴォ】は、2011年3月11日の東日本大震災によって、親を失った子どもたちを、青森から支援するプロジェクトです。チャリティーグッズを制作・販売し、その経費を除いた全ての収益を、長期的な子どもたちの心のケアの為、あしなが育英会へ継続的に寄付し、青森から「あなたがたのそばにいつもいますよ」と伝え続けます。活動期間は10年間(2011年6月〜2021年6月まで)を目標にしております。ご支援・ご協力を宜しくお願いいたします。2011年6月〜2015年6月30日現在まで、 3,305,321円 を、あしなが育英会「あしなが東日本大震災遺児支援募金」へ寄付することができました。ご支援に深く感謝致します。※現在、2ヶ月に1度、寄付させて頂いております。寄付報告は都度ウェブサイトにて報告しております。「tovo plus」は、「tovo(トヴォ)」 が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。東日本大震災以降の青森県に住むごくごく普通のご家族の写真とインタビューを1ヶ月に1家族ずつ紹介して100ヶ月間、100家族、100号まで続けます。ご家族の様子、考え、価値観の変化などを、この小さなフリーペーパーを通じて伝えていけたらと考えています。特にドラマチックなお話もありません。あの時のお話、現在のお話、そして、ご家族の未来のお話。100年に1度、1,000年に1度などとも言われるこの大震災。僕たちが、あの頃に強く思った「忘れない」って、一体何だろう?このフリーペーパーはtovoなりの「忘れない」のカタチです。僕たちと一緒に、月に1度だけ、あの日のことを振り返り、いつもそばにいる家族のことや、友だちのことや、あなたにとってかけがえのない誰かのことを、大切に思ってみませんか?「tovo paper」は、tovoの活動を伝える不定期発行のチラシです。チラシではありますが、丁寧に作りたいなと思っています。毎号、青森県在住のあしなが育英会ファシリテーターによる連載記事を掲載しています。各ご協力店様や、イベントなどで配布しています。@tovo2011さんのツイート !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?'http':'https';if(

tovo2011.com

◆アクセサリーショップ【Citron】

天然石を中心としたアクセサリー通販サイト。
震災チャリティーアクセサリーも取り扱っていらっしゃいます。

◆【マルラニハワイ(MALULANIHAWAII)】
ハワイに本店を置くパワーストーンブランド。
すべてではありませんが、ハワイの自然や、イルカさん海ガメさん保護のためのチャリティーアクセサリーを取り扱っていらっしゃいます。

Project〝Neko No-Te♪〟

ピアニストRayna(榎本玲奈)の“まとめ”的サイト♪ 〝Neko No-Te〟とは、「猫の手」「Note=音・ことば」の意味。