【鑑賞記録】マリア・ユーイングのパーセル歌劇「ディドとエネアス」と「サロメ」、シュヴァルツコップ歌唱「ダニー・ボーイ」

パーセル唯一の歌劇とも云える「ディドとエネアス」・・・

ヒロイン・ディド役をマリア・ユーイングが熱演。

「Remember me, but ah! forget my fate...」と歌う、ディドのラメント…“When I am laid in earth” が美しい。




マリア・ユーイングの「サロメ」も全編通して観たい。

「7つのヴェールの踊り」






「ディドとエネアス」、シュヴァルツコップも歌っています。(侍女のベリンダ役)





関連で出てきた、Schwarzkopfの「Danny Boy」

癒し。。。



明日は演劇ワークショップだし、今夜は早く寝ようと思ってたのに・・・結局夜更かし🌝

数珠つなぎの恐ろしさ。笑


Project〝Neko No-Te♪〟

ピアニストRayna(榎本玲奈)の“まとめ”的サイト♪ 〝Neko No-Te〟とは、「猫の手」「Note=音・ことば」の意味。