Rachmaninoff - Six Moments Musicaux Op.16 No.3

2016年、ふつか目。


テンションが妙な上がり方をして、そわそわとドキドキで落ち着かない。

それでいて、なんというか胸の奥に餅がつっかえたみたいな、なにかを吐き出したいんだけれど出てこなくてキモチワルイ感じ。


丹田の辺りに涙腺があって、ムズムズしてるのになかなかこみ上げてきてくれなくて

とりあえず出しておいたほうがいいな と思ったので

これを聴いて泣いておきました。

どんな時でも音楽だけはわたしの味方だったのに、この2ヶ月はほぼ無感動状態になってしまって

音楽を聴く気にもなれない(聴くのがこわい、という感じ)日々が続いたので、

音で泣けてよかったです…本当に。



ポゴレリチ

痛いくらいに人間臭くてスキ。。

震える




Rayna

Project〝Neko No-Te♪〟

ピアニストRayna(榎本玲奈)の“まとめ”的サイト♪ 〝Neko No-Te〟とは、「猫の手」「Note=音・ことば」の意味。